おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズ&パンツァー 第01~04話を視聴す。

パンツァーとありますが
パンチラはありませんでした。残念w

garupan04_004.jpg

パンツァーは戦車のことですね。

美少女と戦車という
組み合わせの萌え(燃え)系アニメです。

私の中では
ギャグアニメに定評のある
水島努監督作品です。

4話まで見た感想では
『おおきく振りかぶって』のような
爽やか清純学園アニメのようです。

女の子なので
青春を清純と
うまいこと表現してみましたw
世界観はリアルにこだわらず
ライトノベル感覚で拝見するのが良いみたい。

戦車が道路走ってますが
この世界の道路は堅いから戦車が走っても大丈夫。

実弾が直撃しても
特殊なカーボンコーティングしてあるので
乗員室の安全は保たれている。

などのように。

と言っても気になった第04話。

バレー部が乗ってるのは
旧日本の『八九式中戦車』ですよね?

『八九式中戦車』って対歩兵用で

攻撃力や装甲が貧弱で
対戦車は難しかったと記憶してます。

劇中の会話でも

敵戦車の『チャーチル』から
砲撃を受けている場面で

garupan04_005.jpg

主人公が自分たちが乗っている
『IV号戦車(よんごうせんしゃ)』と比べて

「こっちは装甲が薄いから
 まともに喰らったらお終いです。」

と言っています。

逆に言えば
マチルダⅡとチャーチルは
まともに喰らっても大丈夫と受け取れます。

実際のところ

マチルダは装甲が分厚い重戦車なので
特定の箇所に至近弾を撃ち込まないと
撃破は難しかったような気がします。

チャーチルも装甲には定評があったような?

今回の試合は

相手チームの
全車両を撃破することが勝利条件の
殲滅戦です。

garupan04_006.jpgバレー部は大丈夫かしらん?

と思っていたら

ホームの立地を活かして
罠を張り

チャーチルの背後から
至近弾を直撃させることに成功しました。

おおおおおおおお!

でも
チャーチルは撃破判定の白旗が上がりません。

装甲の表面が焼け焦げたけで健在です…

逆に
反撃され撃破されてしまいます。

ん?んん?

どうやら恐れていたことが起きました。

直撃イコール撃破ではないようです。


garupan04_007.jpg試合後半でも

IV号戦車でマチルダⅡの右側面に
至近弾を直撃させますが耐えられてしまいます。

この試合って
無理ゲーのように感じますが
どうなんでしょうか?

細かい解説をしてくれている
ブログか何かを探さないといけませんね。

ただ
主人公が最後の勝負に行くときに
再度マチルダⅡの右側面を狙いに行きました。

ということは
装甲が厚い相手の場合は
同じ箇所に2撃すれば
撃破判定で勝ちだったのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/195-f9843f97
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。