おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たら研式FPS兵術論 『ゲームの勝者と敗者の違いとは。』

【ゲームの勝者と敗者の違い】

・敗者は負けそうになってから勝つための手段を考えるが、
 勝者は戦う前から勝つための手段を考える。

・敗者は小さな敗北を積み重ねても1発の大きな成果を得ようとするが、
 勝者は小さな勝利を積み重ねた結果として大きな成果を得る。

・敗者は負けを受け入れるが、
 勝者は負けが許せない。

・敗者は強い敵に遭遇すると再挑戦するが、
 勝者は強い敵に遭遇すると戦わず逃げる。

これまでの経験を参考に
ゲームの勝者と敗者の違いをまとめてみました。

ゲームに勝ちたいと思っている方は
勝者の行動理論を参考に
行動の意志決定をすれば勝率が上がると思います。
ゲームは楽しむものであって
真剣に勝ちだけを求めるものではない。

と私は考えておりますが

しかしながら
ゲームだからこそ

試しに

勝ち方を学び
学んだことを実践できる技術を
身につけるための練習をしても
面白いかもしれません。

勝者の考え方は
現実世界でも役に立つことが多いのです。

何をもって勝者とするのか?

今回の勝者とは
ゲームの勝利条件を満たした人

つまりゲーム終了後に

「Congratulation」
「Mission Complete」
「あなたの勝ちです」

などが表示される人と定義してます。

勝者と敗者の行動理論の違いを書きましたが

ゲームに敗北したか勝利したかという結果が違うだけで
楽しんでいるということでは敗者と勝者に違いはありません。

では、行動理論の違いはどこからくるのでしょうか?

人はゲームに勝った場合
成功報酬として脳から快楽物質が放出されます。

その快楽を求めて何度も勝利を求める行為をします。

しかしながら
人には耐性という仕組みがあります。

刺激を受けると刺激に対する耐性機能が働きます。

同じ刺激を繰り返すと耐性は蓄積されていき
刺激より耐性が上回ると刺激を受けなくなります。

これを慣れといいます。

刺激がないと脳は反応せず快楽物質を放出しません。

人には快楽を求める習性があります。

快楽がなくなった行為から
別の快楽を求める行動に移ります。

これを飽きるといいます。

人は失敗をしたときに自己防衛機能として
脳は体を緊張状態にする信号を発します。
心拍数の上昇、発汗、血管、縮小など
体に負荷と苦痛を与え不調にすることで
失敗の環境にいることが危険であると知らせます。

これをストレスといいます。

ストレスの許容範囲は決まっており
上限を超えると脳から不快物質が放出され
行為の元になるものを嫌悪するようになります。

人は不確定な行為をして成功したときに
成功報酬として脳から快楽物質が放出されます。
成功までの困難さに比例して快楽は大きくなります。

これをギャンブルといいます。

上記を踏まえて

勝者は
勝利の刺激に対して耐性が低く
勝利の快楽が長く持続します。
ギャンブルから得る勝利の快楽より
敗北のストレスが大きく
勝者の理論に辿り着いた人。

敗者は
勝利の刺激に対して耐性が高く
勝利の快楽が続きません。
敗北のストレスより
ギャンブルから得る勝利の快楽が大きいため
敗者の理論に辿り着いた人。

となります。

ぶっちゃけ
生まれ持っての性格や
好みの問題ですの

両者がお互いに
理解することはできません。

ときどき
両者が戦略術でもめる場面に遭遇しますが
不毛な戦いです。

だって、楽しさの基準が違うんだもん。

そのため

敗者から見れば
勝者の戦い方は面白みがなくつまらない。

勝者から見れば
敗者の戦い方はバカな行為そのもの。

となります。

現実世界で例えると
ギャンブラーVS公務員の
年収対決といったところでしょうか。

ちなみに
ギャンブラーという言葉だと
イメージが悪くなるのですが

これを
チャレンジ精神が旺盛な人と言い換えると
イメージが良くなるので物は言いようですね。

たら研では

勝利を確定させた後に余裕があれば
ギャンブルをして遊ぶことをお勧めします。

【まとめ】

勝者と敗者の違いは

敗者の自尊心=チャレンジ精神からくる成功願望
勝者の自尊心=敗北への嫌悪感からくる絶対勝利願望

その結果

・敗者は負けそうになってから勝つための手段を考えるが、
 勝者は戦う前から勝つための手段を考える。

・敗者は小さな敗北を積み重ねても1発の大きな成果を得ようとするが、
 勝者は小さな勝利を積み重ねた結果として大きな成果を得る。

・敗者は負けを受け入れるが、
 勝者は負けが許せない。

・敗者は強い敵に遭遇すると何度も挑戦するが、
 勝者は強い敵に遭遇すると戦わず逃げる。

となります。

以上です。
ここまで読んでいただいた皆さまのご好意に感謝いたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/213-d68f0f80
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。