おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ作成 分かる、ずつ、覚えるの使い分け

ブログをはじめて分かったことは、
自分の文章力が無いということ。

・読みやすい文章の書き方はどのように書けばよいのか?
・句読点を入れる場所はどこか?
・「わかる」という漢字は「分かる」「解る」「判る」のどれか?
・「ずつ」と「づつ」はどっちなのか?
・「覚える」と「憶える」はどっちなのか?

などなど
上げたらきりがありません。

その中で
漢字系は答えが出ましたので
まとめます。
・「わかる」は、「分かる」と書くべし。
・「ずつ」か「づつ」は、「ずつ」と書くべし。
・「おぼえる」は、「覚える」と書くべし。

理由は、公式でそうなっているからです。

公式で決まっていることなのに
なんで「分かる」に「判る」と「解る」があるのか?

おおまかに説明すると

文才がある人が
文章を美しく表現するために使い分けているためです。

文才が無い私は
分かったつもりで使い分けると混乱しそうなので
ひとつ覚えで公式の表現だけで書くようにします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/269-94b7cbfc
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。