おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たら研式FPS弱者の兵術論 『弱者こそが影のゲームマスターである。』

チーム戦において
チームの勝利を考えた場合
下手な人が及ぼす勝敗への影響について考えます。

※表記中の下手な人とは管理人のことです。
 このブログは管理人が記事をアップし
 管理人が読んで自己満足や反省するためのブログです。
FPSが下手なAとBがいるとします。
FPSが上手いCDEFGHがいます。

AとBが正面から撃ち合った場合は勝率は五分とします。
ABは絶対にCDEFGHには勝てません。
CDEFGHが1対1で正面から撃ち合った場合は勝率は五分とします。

チーム分けで
ACDEと
BFGに分かれ
チームキルで戦います。

Aは戦場を走り回ります。
Bは敵に見つからない場所に潜みます。

上記の条件で戦闘したら

Aが勝てる相手が戦場にいないので
Aが戦闘した回数だけキル数に差がつきます。

よってキルスコアで
Bが所属するチームが勝ちます。

上記のことより
ある事実が導き出されます。

チーム戦においては
下手な人の立ち回り方が
勝敗に大きく影響している事実です。

立ち回りが重要なのはわかった。
では、どのように立ち回れはよいか?

上記のことから
チーム戦においての
下手な人の立ち回り方の基本がわかります。

下手な人はキル重視よりもデスを減らす行動が
チーム勝利への貢献度に対する効果が高いと言えます。

下手な人は芋ってろと
言っているわけではありません。

前線に出たうえで
長時間生存できる技術を身につけることが
重要だということです。

基本はコソコソと行動しましょう。

具体的には

撃たれたらではなく
敵がこっちを向いたら
障害物に隠れる

敵がこちらに気づいた状態で
近づいてきたら
障害物に隠れながら逃げる

逃げ切ったら再び前線に戻る

何しろ生き残って
どんな手段を使ってでも生き残って

こっちに気づいていない敵や
味方と交戦中でこちらを向けない敵を
探して見つけて攻撃する。

敵と向き合っての射撃戦は絶対にしない。

下手だけど、上手くなりたい人は
しばらくの間、上記のことを徹底してみると
目覚ましい成長するかもしれまんよ。
スポンサーサイト

コメント

納得です!!参考になりました!
2013/04/25(木) 10:48:55 |URL|746 #onsGGjns [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/274-4c06e7f3
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。