おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【360】「ベータ版 World of Tanks: Xbox 360 Edition」プレイ日記その1

「World of Tanks: Xbox 360 Edition」の
ベータプログラムのダウンロードをして
プレイした感想を書こうと思います。

11月11日の月曜夜にベータプログラムが
期間限定で公開されていることを知って
ダウンロードしてみたらギリギリ間に合いました。

プレイしてみたので
プレイ日記的な何かを書いてみようと思います。
まだシステムを理解できておらず
右往左往しております。

所長は戦争ものの
ゲームは大好きなのですが
語るほどの知識はないので

今回の記事の内容で
認識違いがあったらごめんなさい。

「WoT」は
ガチの戦車ゲームなのですが
所長は戦車に疎いので

ゲーム中に目の前に戦車を発見した場合
見た目から型名などの区別が難しく
軽・中・重戦車、駆逐戦車、自走砲を
全て含めて戦車と言ってます。

そんな状態ですが
現時点で「WoT」にハマってしまい
夜な夜なプレイしてます。

少しずつ理解し
よりゲームを楽しむために
個人的に調べた内容をまとめます。

「World of Tanks」は
オンライン上で戦車を用い戦うTPSです。

メインはPCなのですが

コンシューマ独占契約として
XBOX360でもプレイできるようになりました。

対戦ルールは
2チームに分かれ
敵の戦車を全滅させるか
敵の陣地を占領したら勝利となります。

試合中の復活がないため
1機やられたら終了です。

慎重な立ち回りが要求されます。

過去に似ているゲームは
クロムハウンズでしょうか?

対戦の雰囲気は
クロムハウンズの戦車板と言ったら
イメージしやすいかもしれません。

クロムハウンズがまたやりたいと
常々思っておりましたので
この手のゲームは大歓迎です。

開発はベラルーシのメーカーで
ウォーゲーミングです。

PCゲームやコンシューマ機が
苦戦している日本において

支社となる
ウォーゲーミングジャパンを設立してまで
日本市場に参入するという本気を見せてくれています。

販売形態は
最近流行りの基本プレイ無料のフリートゥプレイです。

主な課金形態は
試合後の経験値がたくさんもらえるようにする。
各戦車固有の経験値を他の戦車で使用できるようにする。
特定の戦車が課金で取得できる。
車庫のスロットを増やす。
HE弾など特殊な砲弾を買う。
特殊なアイテムを買う。

などです。

ガチャはやる予定がないとのこと。
課金による強さのブーストもありません。

一部の課金戦車で
強い戦車があるそうですが

基本的には無課金でも
勝てるようにバランス調整がされています。

がしかし
厄介な問題があります。

非常に丁寧に生真面目に作った
ガチの戦車ゲームだけに

戦車に関する知識 = 強さ

という図式が成り立ち

そこからくるユーザー間の
強さのバランスが崩壊的です。

戦車同士の戦いについて詳しくないと
対戦部屋では一方的に負けることになります。

装甲の厚さ
弾の貫通力
弾道の入射角
索敵システム
隠ぺい率

など考慮すべき要因が多く
これらのことが理解できていないと

自分の砲撃は何発撃っても
全て敵戦車の装甲に弾かれ
敵の攻撃は1発で自分が撃破される。

という感覚でゲームが終了します。

もっと酷いと
走行してたら突然に自分の戦車が爆破して
訳もわからず終了ということもザラにありました。

PC版では世界各国の
実在戦車や試作型戦車まで
用意されているそうですが

360ベータ版では
アメリカ、ドイツの
戦車のみとなっておりました。

PC版では
イギリス、ソ連、中国なども選択できます。

今後、日本の戦車も実装予定との頃です。

ベータ版では
アメリカ、ドイツの軽戦車が1両ずつ配れてました。

最初は配られた戦車で戦います。

戦闘をすると
経験知とクレジットが貰えます。

戦車の乗り換えは
経験値を使用して研究開発をし
クレジットで購入することで乗り換えができます。

戦車は強さにより
10段階にカテゴライズされており

強さが近い戦車同士で
マッチングされるようになっております。

操作性は
左スティックで戦車を前進、後退、旋回などの移動をし
右スティックで砲塔の旋回や照準を調します。

LTボタンでズームによる照準を定め
RTボタンで主砲を発射します。

一般的なFPS/TPSに
近い操作感になっているので
戸惑うことは少ないと思います。

リロードが十字キーの
右なのに少し違和感がありました。

サウスポーなどを含めて
4タイプのキー配置が確認できました。

ボタン配置のカスタマイズはないようです。

日本語ローカライズに関しては
ほぼ完了している様に感じました。

PC版では
搭乗員の成長やスキルなどのシステムがあるようです。

ベータ版では
カミングスーンとなっており
選択できませんでした。

ちなみに
選択メニューで翻訳されておらず
「crew」と書いてあり
最初は読めず「クレウ」て何だ?
思っておりましたが

正しくは「クルー(搭乗員)」と読みます。

搭乗員スキルで戦闘中
敵の索敵で見つかったときに
電球アイコンが光って知らせてくれる
「第6感」というスキルは
ベータ版では戦車に標準搭載されているようです。

車庫の画面で
星は経験値
金のコインは課金クレジット(ベータではある程度無料で配られます)
銀のコインはゲーム内クレジット
です。

経験値は
戦車についている経験値は
その戦車の砲塔、エンジン、履帯や
上位戦車の開発として利用します。

その他に
メニュー画面に
クレジットと一緒に表示されている
星の経験値はフリー経験値で
戦車の経験値が足りない時に
補填分として開発に利用できます。

現状
理解できているのはここまです。

戦闘に関しては
何もできず爆死する時が大半ですが
時々
単独行動で敵5両くらい撃破して
スコアトップになったりします。

ステータスの見方と意味が
理解できていないため

どういう条件で
弾が弾かれたり貫通するのか分りません。

次はこのあたりを調べないとなぁ…

と問題は山積みですが
面白いっす。

あーでもない、こーでもない
と試行しながらプレイするのが好きなので
楽しいっす。

移動が遅いゲームなので
通信ラグもそんなに気になりません。

時々
対戦人数比や戦車ランクの
バランスがおかしな時がありますが
正常にマッチングされます。

ベータ版のためPC版に比べて
いくつかのシステムが
使用できないように制限されてますが

逆に
新規参入する者にとっては
情報量が少なく分かり易いと思われます。

もう正式サービスに移行しても
よいのではないでしょうか?

第一印象の感想では
非常に丁寧に、よく考えられて作られているゲームです。
開発者のゲームへの愛情が詰まっているのがわかります。

ただ覚える事や数値が多いのにゲーム内での説明が少な過ぎる気がします。
私のように戦車のこと知らない人間はお断りなのかもしれませんが…

撃破されてばかりですが
何とか撃破しようと、ついつい何度も出撃してしまいます。
気がついたら夜中の3時とかになっており
毎朝起きるのが辛いです。

所長は下手くそですが

負けず嫌いなので
このままでは引き下がれません。

偶然の撃破ではなく
狙って敵を撃破してチームに貢献したいのです。

とりあえず
いろいろ試していこうと思います。

あぁ、今夜も出撃しては撃破されるだけのお仕事が始まります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/317-2b0941a3
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。