おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たら研式FPS弱者の兵術論 『戦いは常に生存戦略だ 』

今回は生存思考の話をします。
6f8a7d77s79879af001.png

敵陣に進行中に
大量の敵に遭遇してしまった場合


6f8a7d77s79879af002.png

敵を一人でも道連れにしてやると
その場に止まって敵と撃ち合ってしまう人がいます。

しかしながら
一人の敵を道連れにすることも出来ずに
一方的に撃ち負けることが多いと思います。

一対多では
瞬間ダメージ量が違いすぎるので
当然の結果です。

道連れにするなら
初弾でヘッドショットをするか
近距離ショットガンなどの即死
を狙うしかありません。

私のような下手プレイヤーが
初弾ヘッドショット出来るなら苦労しません。

こういう場合は
どんな行動をすると良いのでしょうか?

答えは
生存行動です。

どう行動したら生き残れるのか?
を考えて行動してください。

この場合は
敵を攻撃することよりも
敵の攻撃を凌ぐことを考えます。

まずは
敵に身をさらしている状態を
何とかしなければなりません。

となると
敵の攻撃を回避しつつ移動し
近くの障害物に身を隠すのが
最良の一手と考えられます。


6f8a7d77s79879af004.png

回避を考えた場合
敵の射撃軸に対して
直角に回避するのが理想です。

直角に回避することで

敵はこちらの横移動に合わせて
照準を横に移動させる必要があり
多くのFPSでは照準が動くと
集弾率が下がり当たり難くなります。

また移動する対象に対しては
移動方向先へ偏差射撃をしなければならず
迅速に適切な偏差をするには
技術がいりますので当たり難くなります。


6f8a7d77s79879af003.png

今回の場面では
左前に障害物に隠れるのが最良です。

障害物に隠れる移動行動が
敵BCDの射撃軸に対して
直角の動きになるので
回避行動も同時に行えます。

問題は敵Aですが
障害物に向かう行動で
敵BCDの攻撃を回避できるので
BCDの攻撃を無効化したと考えて

移動しながら反転し
敵Aとの射撃戦に挑めば

一対多の状況が
一対一の状況に変わります。

一対多と撃ち合うよりは
勝率は良いと思います。


6f8a7d77s79879af005.png

上記のように
状況を替えられたのは
近くに障害物があったからです。

上図のように
身の周りに何もなければ
一対多しか選択肢がなく
一方敵に撃ち負けるしかありません。

移動中は
常に身を隠せる障害物が
身近にあるように意識しながら
移動するようことが重要です。


ここまで説明してきましたが
今回の場面は最初から詰んでます。

一対一と
都合の良い話にしてますが

反転して反撃する分
敵Aよりも撃ち始めが遅れます。

敵Aの射撃軸に沿って
移動することになるので
回避行動になってません。

つまり敵Aには撃ち負けます。

運良く敵Aの
射撃がとても下手であれば
生き残れる可能性があるということです。

一対多よりはマシという
確率論の話です。

根本的な話をすると
敵が多いと予測できるような場所に
無策で突っ込むということが間違ってます。

これは先に出た
生存を意識した判断をすれば
防ぐことができます。

弱者の兵術論では
戦場で長く生き残ることを
重要と考えております。

だって
死んでたら銃を撃てません。
撃てなければキルできません。

反対に考えると
生きていたら銃を撃てます。
銃を撃てばキルできます。

まずは生きろ。

生きていなければ
どんなに有効な兵術も実行できないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/354-8269d436
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。