おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たら研式 株式投資術 「普通のサラリーマンは長期投資で儲けろ」

なんてタイトルの
株投資に関する
それっぽい文章を
過去に遊びで書いていたのを発見しました。

目標は
株投資のノウハウ本を出版して
印税で稼いでウハウハだ!

と妄想しながら書いてましたw

ちなみに株に関しては
ど素人以下で
損失を出すことに関しては
右に出るものがいないほど
儲けるのが下手です。

つまり
以下に書かれていることを
実践すると
凄い悲惨なことになります。

まあ、でも
以外にそれっぽく書けているので
少し手を加えて
ブログにアップしてみました。

なんで途中で上げたのか

ノウハウ本で儲ける妄想に飽きたので
次はライトノベルを書いて夢見ることにしました。

友人がロボット系が好きなので
ロボットものを書こうと思います。

何でもいいので
いつの日か
本を出版して印税でウハウハ生活の
妄想は続く・・・
投資タイプ:超長期運用(買ってから売るまで半年から3年保持)
取引:現物
対象者:昼に働くサラリーマン
資金:100万以上
責任:自己責任
利益目標:投資額の10%
性格:少しだけ儲けたいけど儲けに固執しない人

手順
1.ネットの証券会社に口座をオープン
2.開設した口座へ資金100万以上を入金
3.開設した口座をほったらかしにする。その間に余剰金ができれば入金する。
4.リーマンショックなどの不景気情報を待つ
5.大手企業の大赤字情報を待つ
6.大手企業の不祥事の情報を待つ
7.大手企業の株価に注目して底値に近いところで買う
8.数か月、数年単位でほったらかす
9.好景気情報が出たら株価を確認して頃合いで売る
10.売ったらすぐに買わず3へ戻る

詳細

1.ネットの証券会社に口座をオープン

証券会社に
口座がなければ
株の取引はできません。

口座を開くためには
数日かかる場合があります。

株が安い今が買いだ
口座を開設手続き
数日経過
あれ株価が上がって買えない・・・

買いたいときに
買えないのは問題外です。

そのため
事前に口座を開設しておきます。

今回の投資方法は
3年くらいの運用で
売買は1回を想定してます。

そのため
口座管理料が安い
証券会社を選択してください。

2.開設した口座へ資金100万以上を入金

口座を開設しても
口座にお金が入金されていないと
取引ができません。

オンラインバンクなどをお持ちの方は
取引直前でも問題ありませんが

オンラインバンクをやっていない人は
事前に入金を済ませておいてください

現物で株を買うためには
100万円以上の資金が必要です。

信用株なら
30万

ミニ株なら
数万

くらいから株取引が可能ですが

今回の話の対象外です。

3.開設した口座をほったらかしにする。その間に余剰金ができれば入金する。

資金を入金したら
投資のチャンスを待ちます

つまり
株価が一番安い
タイミングを待ちます。

チャンスを待っている間に
生活費などで余剰金ができたら
資金を追加していきます。

資金はできるだけ豊富な方がよいです。

2014年現在の
大手銀行の
定期預金の年利は

約0.055~0.025パーセントです。

100万円預けて
1年後に手に入るお金が

438円~199円

ん?
パーセント表示より
低いって思われた方が
いると思われますが

それもそのはず
なけなしの年利にも
税金がかかりますので
もらえる額は
上記のように低くなるのです

となると
3年間の期間で
投資額の10%
約10万円が稼げるなら
良いのではないでしょうか?

今回の目標は
定期預金よりは儲かるから
良しとしようと言う考え方の投資術です。

本屋などを見ると
年に数千万儲ける投資術
のような本が出回っていますが

たら研では
儲けは低いが
高確率で儲かる方法を
お勧めします。

今回の話しは

株式運用で
必勝法と言われる

不景気な時に株を買い
好景気な時に株を売る

を実践しようということです。

ただし
株はギャンブルと同じく
大損をする場合があります。

最悪の場合
投資額の100万円が
0円になる危険性がありますので

そこは承知する必要があります。

4.リーマンショックなどの不景気情報を待つ
5.大手企業の大赤字情報を待つ
6.大手企業の不祥事情報を待つ

4・5・6は内容的には同じです。

株の売買で儲けるためには

株価が安いときに買い
株価が高いときに売る
ことで儲かります。

100万円で買った株の
株価が値上がりして

120万円になった時に
売れば

20万円の利益になります。

そして
株価が確実に大きく下がるときがあります。

それが
4・5・6のような状況です。

4のリーマンショックなどのお祭りは
数年に1回ほどの割合で起こります。

ニュースなどで

世界恐慌がー
とか

世界同時株安
とか

日経平均が続落
とか

年初来安値更新
とか

何年度ぶりの低水準
とか

全国ニュースなどで
大きな規模の
不景気情報が流れたら
それは我々のチャンスです。

5.大手企業の大赤字情報を待つ
6.大手企業の不祥事情報を待つ

株投資で恐ろしいのは
投資した会社が倒産することです。

会社が倒産すれば
株券は紙クズになります。

今回の戦術は
このリスクを孕みます。

しかしながら

これまで歴史から
日本の大手企業は
とても優秀で

そうそうに
潰れることはありません。

最近でいえば
あれだけ倒産すると
騒ぎ立てられた

シャープですら
現時点で健在です。

つまり
大手企業の倒産の危機こそが
株を買う大チャンスになります。

大抵の場合は
必要以上に株価が下がるので
その時に買えば
100%に近い確率で
購入時より株価が上がり
儲かるということです。

では何故
人々はそれができないのでしょうか?

詳細を話すと
株価の変動の仕組みと
不安や恐怖の心理学の話しになり
長くなります。

ここが重要なところで
上記のことが気になる方は
今回は辞退してください。

紹介している
投資術をやれる人は

最悪の場合、
100万円以上をドブに捨ててもいいや

細かいことはどうでもいい。
とにかく
このやり方をすれば儲かるんだろ。

と割り切れる人が対象となります。

7.大手企業の株価に注目して底値に近いところで買う

4・5・6の情報を掴んだら
大手企業の株価に注目します。

底値の判断が難しいところですが

過去1年間における
最安値を下回ったら
チャンスです。

後は様子を見ながら
自分のタイミングで買ってください。

様子を見過ぎると
株価が高値に戻ってしまう場合があります。

株価が戻ってしまった場合は
諦めまて次のチャンスを待ちます。

焦ってはいけません。

何しろチャンスを待ってください。

この超長期戦術の肝は
チャンスを待つことです。

確実に勝てると確信を得られるくらいに
下がった時に買います。

と言っても底値の判断は素人には難しいので

ちょっと手抜きになりますが
ざっと底値の判断方法を図にしてみました。

液晶事業で大失敗して
大赤字に転落したシャープを見てみましょう。

だれでも株価をチェックできるように
ヤフー株価から引用しました。

kabukasharp43231515001.jpeg
kabukasharp43231515002.jpeg


過去1年の最低値の目安では
こんな感じで買いを入れます。

倒産の危機を
言われるくらいの場合は
もしかしたら
まだ下がる場合もありますが
買ってからも下がりが続いて
赤字になっても
数年ほったらかしにしておけば
回復して結果的には儲かる可能性が高いです。

もう一つの指標は
出来高の動きです。

kabukasharp43231515003.jpeg

株価が下がり続けていて
しばらく低調な出来高が続いている
ところへ3倍近い出来高の線が発生した場合は
そこが底値の確率が高いです。

kabukasharp43231515004.jpeg

同じ電器株で言えば
ソニーがわかり易いです。

下降線に
停滞する出来高

そこへ突然の
出来高線の伸び発生

買いシグナルです。

800円前半まで下がって
たしか800円を切った時があったと記憶してます。

今日現在で2000円オーバー
800円で買っていれば
投資金額の倍以上も儲かったことになります。

8.数か月、数年単位でほったらかす
9.好景気情報が出たら株価を確認して頃合いで売る

あとは
数か月以上ほったらかしにして

半年に1回くらいの割合で
株価を見ます

もしくは
対象の企業の
良い情報や
日経平均が続伸などの
ニュースになった場合に
株価を確認します。

10%以上
の利益があれば
自分のタイミングで売ってください。

株価は
下がるのは簡単ですが
上がるのに時間がかかります。

何しろ
底値付近で買えたら
待ってれば
勝手に上がって利益がでます。

仮に底値だと思って買ってみたら
まだ下がる状態でも
何年か待っていれば
そのうち好景気になり
勝手に上がって利益がでます。

売りで注意して欲しいのは
株価が爆上げして
今売れば
100万円以上も儲かる
というような場合があります。

ここで欲をかいて

まだまだ上がると
待ちポジションを取ったら

急に下がりだして
慌ててなんとか売ったら
利益が10万になってしまった
というようなことがあります。

それでも
10万儲かったと割り切ってください。

株は買って売った瞬間の損益だけが重要です。

たとえ途中で
100万以上の利益の時があっても
売って利益を確定しなければ
それは100万の利益ではないのです。

そうすると
90万も損したと思うかもしれません。

何度も言いますが
買って売って利益確定して
初めて損益が出ます。

途中の過程は意味がありません。

重要なのは
10万儲かったことです。

定期預金で
10万儲けようとしたら
何年かかりますか?

何しろ利益が出たら
それを喜びましょう。

10.売ったらすぐに買わず3へ戻る

売って儲けた時に
調子こいて
次の株を探さないでください。

株が高く売れた時は
他の企業の株も高くなっております。

そこに手を出せば
安いときに買い
高いときに売る
投資術に反します。

ここは待ちで
再びの不景気情報を
のんびりと待ちましょう。

目安で言えば
1カ月以上は冷却期間を設けてください。

つまり3へ戻って
チャンスを待つ期間となります。

*********************************

どうですか?

読んでくれた人は
株をはじめようと思ってくれましたでしょうか?

思ってくれた人がいれば
ノウハウ本としては
大成功なのですがwww

何度も言いますが
実践しないでください。

それっぽく書いてあるだけです。

下書きの文章なので
いつにもまして読みづらい文章になってます。
誤字脱字があったらすいません。

実際には
筆者の考え方や
エピソード的な
過去の成功や失敗体験や

車関係株で
マツコネ事件の底値買い
についての解説など

下書きとして
書いた量はもっと多いのですが

今回は
ノウハウのところだけ
抜粋してアップしました。

そのため
前後の文章がつながっていないところもあります。

ちなみに
上記のノウハウを活用すると

今日現在の時点では

重傷者が出ており
不謹慎な話しで大変申し訳ないのですが

2度目の火災事故を起こして
トヨタからの賠償請求を控えている
新日鉄住金が注目株となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/378-947f18c4
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。