おもいたたら研究所

このサイトは管理人の妄想だけで書かれています。全ての記事にソースはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To LOVEるダークネス4巻の『予習と復習』その②

To LOVEるダークネス4巻

発売前の見どころ
おさらいシリーズ第②弾!

前回はこちら
第14話「Past ~明日につながる記憶~」

To LOVEるダークネス14話改
明かされるヤミの過去

幼き日々、温かな
二人だけの強い絆━━

ティアと過ごした

幸せな日々…

優しい時間…

光にみちあふれていた
あの頃…

忘れていたぬくもり

『このぬくもりを…
 全身で感じることができたら
 わかるかな?ティア…』

そっと身体をよせるヤミ

何だかんだと言ったって
リトさんも年頃の男の子

それがお互い
くっついた状態で
布団の上にいるのです!!

思わず
リトさんの野獣が
目覚めてしまいました

リトさんの激しい愛撫に
抵抗できないヤミ

『何だか…
 身体が熱いのです…
 だから━━…』

火照った身体に
思考が混乱して

思わずリトを
押し倒してしまうヤミ

そして物語は
いっきにクライマックスへ!!




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( >)  (<)\ )  お子様お断りの
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   超展開キタ━━━━━ !!!!!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   <話を改変するなよ
 |    ( ●)(●)
. |  U   (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \    
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \  
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |  
               \_   ` ⌒´   _/  
                /           \

         
    ___  <途中からモモの妄想シーンじゃないか 
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/


            __
           /ノ ( ;:;:;)     実際とはコマ割りの順番変えてますが
         /(;:;:;ノ =)\     違和感なく感じませんか?
        (;:;:;:;;;:; (_人_) .:::)   
        / ||    ⌒||,/
        / /__|\/ / /| |
       ヽ、 ////)/ | |
     __,/  )-- ヽ   ヽつ
    ⊂--― 'ー--'








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://psix.blog55.fc2.com/tb.php/94-d1d7265a
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。